まだ本牧が米軍住宅と米軍施設に囲まれていた時代の話です。当時の本牧通りはD-Avenueと呼ばれ、その海側がArea 1、海側がArea 2、根岸がArea Xと名付けられていました。

1964年12月、ここにゴールデンカップ(Golden Cup)は生まれます。時代はベトナム戦争の真っ最中、連日連夜、ゴールデンカップにはGI達が訪れ、朝まで饗宴が繰り広げられていました。ハウスバンドとして活躍していたザ・ゴールデン・カップスが当時のグループサウンズブームに乗って一躍メジャーバンドとなったのもその頃です。その米軍施設跡地が返還され、往時を想わせる風景はなくなり、綺麗な住宅街と商業施設に囲まれるエリアとなりました、ただゴールデンカップ(GC)を除いて。

伝説のライブハウスと自他ともに認めるゴールデンカップは場所も当時の佇まいもそのまま、現在もライブハウスとして、レストラン&バーとして営業を続けています。